賢く銀行でカードローンをする!

カードローンをこれから新たにはじめたいという場合には、消費者金融などの貸金業者からカードローンをする方法と、銀行でカードローンをする方法の、大きくは二通りが考えられるといえます。なかでも、銀行でカードローンをするのであれば、消費者金融よりもさらに大きなメリットが期待できます。
まずは金利ですが、消費者金融は昔から小口の資金を借りられるという特徴はあったものの、そのかわりとして金利を高くするという傾向がみられ、現在でもやはり銀行でカードローンする場合にくらべると、相当高くなっています。銀行であれば、もともとは口座に長期にわたって預け入れをしてもらったり、長期にわたってローンとして貸し出しをしたりといったことを優先していた事情がありますので、カードローンであっても金利水準はやはり低めとなっており、これは借りる側にとって有利というます。
また、銀行でカードローン借り換えをする場合には、法律による総量規制の適用を受けないというところも大きなポイントです。総量規制というのは、その人の年収の一定割合を超過するような貸し出しを認めないという規制のことであり、基本的には貸金業法の適用を受ける業種、要するに消費者金融などが守らなければならないきまりといえます。しかし、銀行でのカードローンであれば、こうした規制とは関係がないため、消費者金融よりも、一度に多くの借り入れの枠を設定してもらうことが可能となるわけです。